あなたにhappyとluckyをお届けします!

Happy Box

行事

お彼岸の期間はいつ?何をするの?

更新日:

お彼岸の期間

お彼岸は年に2回あります。

3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間を指します。

そしてこの期間に家族で墓参りをするのが一般的なようです。

お彼岸は仏教行事の一つですが、他の仏教国にはなく日本独特の習慣です。
私は仏教国にはすべてお彼岸があると思っていたので、意外な気がしました。


彼岸の入り・彼岸明け・中日

お彼岸が始まる日を「彼岸の入り・ひがんのいり」、お彼岸が終わる日を「彼岸明け・ひがんあけ」、春分の日・秋分の日を「中日・ちゅうにち」といいます。

そしてこの中日に夕日を拝むと特に功徳があると考えられています。

又中日にお墓参りをされる方が1番多いようです。

 

2018年秋のお彼岸
9月20日(木) 彼岸の入り
9月23日(日) 中日
9月26日(水) 彼岸明け

毎年お彼岸の期間はその年ごとに変わります。
春分の日と秋分の日が変わるため、それに合わせてお彼岸の期間も変わりますので注意してくださいね。

一般的には、3月は21日ごろで9月は23日頃が目安となります。

お彼岸の時期には季節が変わり、「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人は言っていたものです。
私も祖母からこのセリフを毎年聞き、そのたび「ああ今年もこの季節が来たなぁ」と感じたものです。

春のお彼岸からは、昼間の時間が長くなり寒さが和らぎ春らしく暖かくなっていきます。

秋のお彼岸の頃には、夏の厳しい暑さも和らぎ日中でも過ごしやすくなっていきます。

所が、近年は異常気象で気温はどんどん上がり、9月になっても10月でもまだまだ暑いままが多くなっていますね。

昔の9月10月は夏の厳しい暑さも一段落し、秋の爽やかな風を感じながらお墓参りができましたが、最近は暑い中でのお墓参りとなりました。

 

 

お彼岸の迎え方と準備

仏壇や仏具のお手入れ、お墓の掃除を行いましょう。

仏壇・仏具はいつもより念入りに丁寧にお手入れしましょう。
そしてお花やぼた餅、果物、故人の好物などをお供えするといいですね。

お彼岸の期間中は、朝晩お仏壇に蝋燭を灯し、お線香をあげます。

この期間に、ご家族でお墓まいりに出掛け、お墓を掃除しお線香や花などを供えます。

 

 

お彼岸の意味

お彼岸とはサンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」が語源とされています。

パーラミターとは、煩悩や悩みなど迷いにあふれる私たちの世界「此岸・しがん」から、悟りの岸「彼岸・ひがん」、仏の世界へ到達することを言います。

亡くなると「三途の川を渡る」といいますが、この三途の川を挟んで、人間の世界「此岸(しがん)」から仏様の世界「彼岸(ひがん)」へ渡ることです。

「お彼岸」の彼岸には、仏教の言葉で「向こう岸」という意味があります。

三途の川の向こう岸にある極楽浄土を指しています。

これに対して「此岸」は私たちが生きている俗世(煩悩 や苦しみに満ちたこの世)のことを言います。

般若心経に出てくる「波羅蜜多・はらみた」ですが、サンスクリット語のパーラミータから来ており、到彼岸(とうひがん)と訳します。

修行が完成して理想の境地の彼岸に到るという意味です。

 

六波羅蜜 6つの修行

この到彼岸のためには「六波羅蜜・ろくはらみつ」と言って、人生の苦を克服する次の6つを修行すると良いという仏教の教えがあります。

 

●布施(ふせ)・・・・・親切にするということ。他人に施しをすること。

●自戒(じかい)・・・・自分を戒め反省する。

●忍辱(にんにく)・・・耐え忍ぶということ。

●精進(しょうじん)・・正しい目的に向かって様々な苦労を乗り越え努力するということ。

●禅定(ぜんじょう)・・心を安定させ、物事に動じない心を養うこと。

●智慧(ちえ)・・・・・真理にもとづく考え。

お彼岸はこれらを学ぶ期間だと言われています。


春分の日と秋分の日

「春分の日」と「秋分の日」は昼と夜の長さが同じになり、太陽が真東から出て真西に沈む日と言われます。

そのため、春分の日と秋分の日は、一年で最も「彼岸」、あの世に最も近いとされたのです。
こういった日は1年に2日間しかありません。

国民の祝日である秋分の日は「先祖を敬い亡くなった人を偲ぶ日」、春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ日」となっています。

この期間に此岸にいる私たちが、彼岸におられるご先祖様を供養する日本独特の習慣です。

これがお彼岸の意味になります。

 

お彼岸のお供え物

お彼岸のお供えとして一般的なのは「おはぎ」と「ぼたもち」ですね!

おはぎとぼた餅は基本的に同じ物で、春に食べる物をぼた餅(粒あん)、秋に食べる物をおはぎ(こしあん)と呼ぶそうです。

それぞれ季節の花から呼び名が付いたようです。

春は牡丹の花にちなんで牡丹餅と言い、秋は萩の花にちなんでおはぎと言います。

 

 

まとめ

お彼岸とは、ご先祖に感謝を捧げるだけでなく、この世に生きる私たちが六波羅蜜を学ぶ期間でもあります。

できるだけ家族揃ってお墓参りをし、先祖に感謝をして心穏やかに六波羅蜜の修行に励みましょう。

今回はお彼岸についてご紹介しました!

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

 

-行事
-

Copyright© Happy Box , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.