あなたにhappyとluckyをお届けします!

Happy Box

初心者におすすめ★クリスマスローズ★の育て方や種類

更新日:

冬の主役クリスマスローズ

冬の澄み切った空気の下咲きだすクリスマスローズは、近年大変人気が高く注目されている花ですね!

クリスマスローズという名前から「クリスマスシーズンに咲くバラの様な花かな?」
と思われている方も多いと思います。

私も一番初めにクリスマスローズを知った時は、ずっとそう思っていました(笑)

実は、ローズとついていますがバラの仲間ではなく、素朴でナチュラルなイメージの花です。

 

控えめで清楚な花姿は意外と和風の庭にもよくあいます。

沢山咲かせて切り花として飾ると、とてもお洒落でインテリアにすっと馴染みます。
強く主張しないのにおしゃれなのです!

クリスマスローズは、色とりどりに新しい品種も開発されていますが、どの色も派手さはなくシックで落ち着きがあり可憐です。

一重咲きから八重咲まで種類も豊富で、カラーバリエーションも多いので人気のある花です。

冬の寒い時期に花を付けて、あまり花が咲かない冬の庭を賑わせてくれます。

育て方も簡単で、初心者にも親しみやすいです!

 

 

クリスマスローズの特徴

クリスマスローズは派手さはなく、野草のようにナチュラルですが、シンプルな美しさがあります。

うつむき加減に咲く花は、冬の寒空の中健気に咲き、見ているだけで元気な気持ちになりますね!

 

宿根草ですから毎年咲き、大株になりますと花数も多く、大変見ごたえのある立派なものに成長するのも楽しみです。

花色はバリエーション豊かで、褐紫色、緑色、白、ピンク、黄色など花の少ない時期のガーデンを彩ってくれるありがたい存在です!

以前は地味な印象が強かったクリスマスローズですが、近年品種改良がどんどん進み、八重咲き、半八重咲きなど華やかな品種も人気があります!

薔薇の様に華やかなひらひらとした花弁の品種も素敵ですね!

開花時期は大変長く、二か月以上も花びらの状態を保ち、長期間咲き続けますので長く楽しめます!

↓4月中旬でもこんなに咲いています!!ビックリするほど何か月も咲いています。

ほとんど常緑ですが、夏に葉が枯れて休眠するものもあります。

 

クリスマスローズの開花期間

2月~4月、10月・11月 の2季咲き

 

 

クリスマスローズの植え付け時期

秋9月から11月上旬、10月が最も適していますが、春でも問題ありません。

鉢植えは深めの植木鉢に、一つの植木鉢に一株植えましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスマスローズ 24ポットセット 苗 常緑 寄せ植え グランドカバー
価格:11340円(税込、送料別) (2019/10/7時点)

楽天で購入

 

 

 

クリスマスローズの苗

園芸店やホームセンター、ネット通販で12月から4月にかけて開花株が購入できます。

花の付いていない苗も売っていますが、咲いてみないと花色がはっきりしない場合も多いです。

又実際開花するまでには丸一年を経てからになりますので、初心者の方には開花株をお勧めします!

すぐに綺麗な花が楽しめますし、開花株のクリスマスローズを購入したほうが育てやすいようです。

しかも実際に花が咲いている状態ですと、好きなカラーを選ぶことが出来て楽しみですね!

花弁に入る模様や花色が幅広く、バラエティー豊かですので好みの花色を探すのもワクワクしますね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスマスローズ苗 選べるシングル19種類 杉光園芸 杉山交配 9cmポット
価格:438円(税込、送料別) (2019/10/7時点)

楽天で購入

 

 

 

 

クリスマスローズの管理

1年を通して必ず戸外で管理して下さいね。

室内では日照不足になり枯れてしまいます。

寒さに大変強いので、冬も戸外で問題なく安心して育てられます!

ただし、雪や霜に当たると花が痛み、根が弱る場合があります。
なるべく直接当てないよう、鉢植えは軒下に移動させるなど注意しましょう。

鉢植えで管理する場合、東側の日当たりの良い戸外が適しています。

庭に地植えにする場合の植え付け場所は、東側の常緑樹の下などが適しています。

真夏の7月から9月に直射日光が当たらない半日陰を選んでください。


クリスマスローズの日当たり

クリスマスローズは日当たりのいい半日陰で育てるのがベストです!

夏場の強い直射日光を避けてください。

夏は半日陰になり冬は日当たりが良い落葉樹の下などを好みます。

日当たりが良すぎても葉焼けを起こしてしまいますし、悪くても花が咲きません。

育て方のコツとしては、夏は半日陰で冬は日当たりが良いようにしてあげるといいです。

 

 

クリスマスローズの水やり

水やりは基本的に、土が乾いたらたっぷり与える様にして下さい。

10月から5月は晴天の午前中に、6月の梅雨時期から9月の高温期は、気温が下がる早朝か夕方に水やりします。

夏は根腐れ防止のためにも、乾かし気味に管理してくださいね。

7月から8月の水やりは、3日に1度くらいが目安になります。


クリスマスローズの土

クリスマスローズは寒さには強いですが、夏の高温多湿は苦手です。

根腐れしない様に、上手に夏越祖させるためにも、特に水はけの良い土を使用しましょう。

クリスマスローズ専用の土がおすすめです。

 

 

クリスマスローズの肥料

鉢植えでは、植え付け時(10月頃)に、元肥として粒状の暖効性化学肥料をやります。

10月から5月の生育期には、追肥として液体肥料を、10日に一度程水やりとして施します。

夏には半休眠状態になるので肥料はやりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロトリーフ クリスマスローズの肥料(700g)【プロトリーフ】
価格:520円(税込、送料別) (2019/10/7時点)

楽天で購入

 

 

 

クリスマスローズの花の模様の主な種類

スポット:赤、紫、茶など小さな斑点がある

 

 

ブロッチ:スポットが集まり大きな斑点になったもの

 

フラッシュ:花の中央から外に向かって、密にスポットが入る

 

 

ピコティ:花の縁に沿って色が入っているもの

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスマスローズ ピコティーダブル
価格:605円(税込、送料別) (2019/10/7時点)

楽天で購入

 

 

 

バイカラー:2つの花色になっている

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスマスローズ クイーンダブル・バイカラー (実生小苗)
価格:880円(税込、送料別) (2019/10/7時点)

楽天で購入

 

 

 

クリスマスローズにまつわる物語

中米のニカラグアでは、キリスト生誕にクリスマスローズが登場する言い伝えがありますので、ご紹介したいと思います。

イエスキリストの生誕を祝う為沢山の人がお祝いをもって馬小屋へ駆けつける中、マデロンという名の少女も一目見ようと向かいました。

所が、マデロンはとても貧しかった為、イエスに捧げる物を何も持っていません。

悲しんでいると、天使が舞い降りてきて、持っていたユリの花で地面に触れました。

すると、そこから真っ白なクリスマスローズの花が咲いたのです。

マデロンは喜んで花束を作り、イエスに捧げると、イエスは微笑みながらクリスマスローズに手を差し伸べたと言われています。

清らかな美しさを持つクリスマスローズにぴったりな物語ですね!


まとめ

クリスマスローズは、寒さに強く初心者にも栽培しやすい花です。

花色も豊富に揃い、冬のガーデンを華やかに彩ってくれます。

宿根草ですから毎年大きくなっていきますから、大株に挑戦してみてはいかがでしょうか!


 

-
-

Copyright© Happy Box , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.